ニュースリリース

~手回し充電機能付きのラジオライトを20年製造しているメーカーが
手回し充電を搭載した経緯から廃止した経緯まで解説!!~

株式会社スターリング(本社:大阪府大阪市、代表取締役:吉井 啓人、以下 当社)は、防災用のラジオライトの多彩なニーズに応えるため、手回し充電機能を搭載しないデジタルラジオライトチャージャーの新色ガンメタリックカラーを2022年3月11日(金)より発売いたします。

「STP-652GM[デジタルラジオライトチャージャー]」
URL: http://www.sterling.jp/catalog/radio-light/stp652gm.php

STP-652GM

STP-652GM充電イメージ

■開発背景

【そもそもなぜ、ラジオライトにダイナモが必要だったのか?
キーワードは『5,5,3』】

1990年代の防災備蓄品といえば、カンパンと水、ラジオと懐中電灯が定番でした。
そんな中、当社の営業担当者から開発のもとへこんな相談がありました。
『カンパンと水の保存期限が約5年、乾電池は品質保持期限が3年、これらを防災セットとして備蓄する際、3年で総入れ替えする必要があり、水とカンパンがもったいない。どうにかならないか?』といった相談でした。
確かに、3年後に乾電池だけを入れ替える作業はなかなかに手間な上、『そもそも入れ替え自体を忘れてしまう事が多いのでは?』と考えられました。そこで、この2年間の差を埋めるべく、ダイナモによる手回し充電機能を搭載したラジオライトが開発されました。
※当時はローリングストックといった事はほとんど浸透していませんでした。

【ダイナモの役割とその限界について】

当初の手回し充電機能は、懐中電灯には豆電球が使用されていることもあり、ラジオによる情報収集をメインに使用していましたが、2000年代に入り電球がLEDになり、さらに携帯電話への充電機能を搭載するなど順調に進化してきました。
しかし、2010年代にはいるとスマートフォンの電池大容量化と、乾電池の品質保持期限の長期化により次第にダイナモの役割の限界が見えてきました。
現在では、アルカリ乾電池の品質保持期限は10年になり、スマートフォンを充電する為には、ハンドルを10分から15分回しても1%程度しか上昇しません。その為、当初のダイナモ搭載の意義からもその必要性が薄れてきていると言えます。

【これからのラジオライトについて】

元々のラジオライトは、震災時に必要な情報を入手するための『ラジオ』、停電時の『ライト』を確保することが目的でした。それに加え個人安否の発信が可能な『スマートフォン充電』も近年とくに重要視されています。
これは、過去の震災では直後に、電話の輻輳(ふくそう)を避けるために、通話制限が行われていた為に、震災直後には、緊急通話くらいの使用方法しかありませんでした。しかし、東日本大震災も含め近年の災害時には、通信品質の向上により通話制限が行われても、通信機能の制限はされないことが多く、被災直後にSNSやIP電話などで、安否情報の発信のツールとして利用されるなど、従来に比べ被災直後のスマートフォンの活用方法が、大幅に増えた事が理由として考えられています。

【震災時のスマートフォンとラジオライトの役割分担について】

スマートフォンの登場で様々な情報の入手が簡単に行えるようになりました。スマホのアプリでラジオも聞けるようになり、バックライトやフラッシュを利用したライトやランタン機能まで備えています。
最近では、被災しても『アプリでラジオが聞けるので、ラジオは不要では?』との意見を聞くことも多くなりました。しかし我々の見解では、乾電池で動くラジオの必要性は、より高くなったと考えます。
例えば、過去の震災の例から停電からの復旧の例を示すと、阪神淡路大震災(約260万戸が停電)6日後に復旧。東日本大震災(約870万戸が停電)7日後に復旧。熊本地震(約47万戸が停電)5日後に復旧。水道やガスにくらべて電気の復旧が、一番早いと言われていますが、それでも大きな震災時には、停電が1週間程度続く可能性があります。


停電復旧時間震災別

そこで、ラジオの連続使用時間を見ていただくと、1日に6時間ほど使用した場合、乾電池1セットでちょうど1週間ほど使用することが可能になります。


ラジオ連続使用時間比較表

つまり、震災時には『ラジオ』を使い情報を収集しつつ、詳細な情報が必要になった際にはスマホで、『ワンセグ』や『SNS』で追加情報を収集するハイローミックスな考え方で乗り切るのが最適であると当社は考えてSTP-652シリーズを開発しました。

■商品の特徴

*ハンドルを回さなくてもスマートフォンを充電できる。(製品にはケーブルが付属しません。)
スマートフォンを充電できる手回し機能付きのラジオライトは多いですが、実はハンドルを10分から15分回しても1%しか上昇しません。


スマートフォン充電所要時間比較

*現在地で受信可能なラジオ放送局を自動でスキャン、自動でメモリー登録してくれるATS機能を搭載。さらに停電時に明かりがなくても見やすいバックライト付きディスプレイなど、ラジオをさらに使いやすくする機能を搭載しました。


ラジオコントロールパネル

*デザインは、80年代のラジカセのスピーカーコーンをイメージし特徴的ながらもシンプルに仕上げ、ダイナモを搭載しない分、軽量でコンパクトな設計。


ラジオデザイン

■商品概要

商品名
:デジタルラジオライトチャージャーGM
発売日
:2022年3月11日(金曜日)
品番
:STP-652GM
価格
:オープン価格:実勢価格7,980円(税込)
サイズ
:150×42×55mm
カラー
:ガンメタリック
販売場所

【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社スターリング お客様相談窓口
TEL:06-6622-8070
お問い合せフォーム: http://www.sterling.jp/form/public.php

新コンセプトの防災用ラジオライト2機種を4月16日に新発売
~手回し充電機能付きのラジオライトを20年製造している
メーカーが手回し充電を廃止した理由とは?~

株式会社スターリング(本社:大阪府大阪市、代表取締役:吉井 啓人、以下 当社)は、防災用のラジオライトの多彩なニーズに応えるため、従来とは全く異なる新コンセプトのラジオライト2機種を2021年4月16日(金)より発売いたします。


STP-748 ハイパワーラジオライトチャージャー


STP-652 デジタルラジオライトチャージャー

【コンセプトについて】

新商品は、東日本大震災以降被災者からの声が多かった、スマートフォンへの充電機能を強化した商品となります。

2004年頃の携帯電話は、600mAh程度の電池容量でしたが、2021年現在ではスマートフォンの登場で3000mAhの機種がほとんどで、約5倍もの電池容量です。そのため手回し充電では、電池容量を1%上げるのに相当な時間がかかってしまうのが現状です。

新商品では、アルカリ乾電池を使用することで、平均3分ほどで1%上昇させることができます。

また、90年代には3年だったアルカリ乾電池の推奨使用期限が、現在は10年にまで上がっており、それら周辺技術の高性能化に伴い、新商品2機種では手回し充電を廃止しました。

もちろん、従来通りの手回しの充電機能の製品も継続して販売しますので、今後も多彩なラインアップでお客様に合った、日常でも使いやすい防災用のラジオライトをご提案し続けます。

【デザインについて】

STP-748は、スポーツカーのキャノピーとリアフェンダーの面がまざり合う際に見せる美しい曲面を意識したデザイン。

STP-652は、80年代のラジカセをイメージし、スピーカーコーンをイメージしたデザインを配置し、ラジオにありがちな単調なデザインにならないように仕上げました。

【STP-748 ハイパワーラジオライトチャージャーの概要】

スマホの充電機能とライト機能とを強化した、ラジオライトチャージャー。

ライトの明るさを従来の約12倍(当社5833N比)の約100ルーメンまで明るくし、さらに3段階の明るさ調整機能を搭載。

強力な明かりが欲しい夜中の避難や停電で不安な夜、長時間点灯する弱モードなど、状況に合わせて3つのモードから最適な点灯パターンを選べるよう、ライト機能を強化しました。


STP-748ライト点灯


STP-748充電イメージ(ケーブルは別売り)

名称
:STP-748 ラジオライトチャージャー
販売開始日
:2021年4月16日
販売料金
:5,500円(税込)
サイズ
:縦60mm×横78mm×幅205mm
機能
:LEDライト/スマホ充電機能/AMFMラジオ(ワイドFM対応)/
サイレン(点滅灯連動)

【STP-652 デジタルラジオライトチャージャーの概要】

スマホの充電機能とラジオ機能とを強化した、デジタルラジオライトチャージャー。

バックライト付きデジタル表示のラジオを搭載。特にバックライトは停電時のラジオ選局時に便利です。さらに今いる地域で受信可能な放送局を自動でスキャン、自動でメモリー登録してくれるATS機能付きで、普段から使いやすいラジオとして機能を強化しました。


STP-652バックライト


STP-652点灯イメージ


STP-652スマホ充電イメージ(ケーブル付属)

名称
:STP-652 デジタルラジオライトチャージャー
販売開始日
:2021年4月16日
販売料金
:11,000円(税込)
サイズ
:縦55mm×横42mm×幅150mm
機能
:LEDライト/スマホ充電機能/AMFMラジオ(ワイドFM対応)/
サイレン(滅灯連動)/簡易ランタン
付属品
:充電ケーブル(マイクロUSB/USB-Type-C)、
ランタンシェード、ストラップ

【当社とラジオライトの歩み】

当社では、1991年にレジャー・アウトドア向けのラジオライトの販売を開始しました。ところが、95年に発生した阪神淡路大震災を契機に、防災向けのラジオライトとして製造販売してきました。

その後、2001年に手回し充電タイプを搭載したラジオライト、『ソーラーダイナモラジオライト』を発売。特に2004年に発売した社内デザインの『マルチパワーステーション』でグッドデザイン賞を受賞。以降、手回し充電タイプのオリジナルラジオライトを多数販売してきました。


ソーラーダイナモラジオライト


マルチパワーステーション

【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社スターリング
Tel:06-6622-8070

9月2日の発売のmonoマガジンの防災特集ページにラジオライトと防災セットが掲載されました。

製品をお求めの方は楽天オンラインショップよりご用命ください。

http://www.rakuten.co.jp/sterlingshop/

発売予定のスマホクリーナー『スマコロ』が日経トレンディネットにて 紹介されました。
詳細はこちらをご覧ください。↓
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130917/1052242/

CC-055スマホクリーナー『スマコロ』商品情報
http://sterling.jp/catalog/radio-light/cc055.html

株式会社スターリング
●大阪オフィス
大阪市阿倍野区昭和町5丁目9番1号
光信第2ビル5階B
TEL:06-6622-8070
FAX:06-6627-3990
E-Mail:info_product@sterling.jp